東京北区、割安料金で、豊富な材料、ゆっくり自由に楽しめる、初心者も安心な本格的陶芸教室です

楽茶碗作り

楽茶碗作り  

 当教室は、先代故・高橋一翠氏が楽茶碗作りの教室として始めた教室で、現在も月に一度TABATA教室に希望者が集まり、楽焼きを楽しんでいます。

素焼き茶碗

800度で素焼きした茶碗

釉薬撹拌

フリット(白玉)を基本に調合しているので、すぐに沈殿します。

釉掛け

比重が重く釉掛けに技術が必要です。

釉掛け

慎重に丁寧に。

釉掛け

ベテランは、試行錯誤繰り返し自分の楽茶碗を作り上げます。

楽焼き窯

先代が考案した灯油バーナー使用の楽焼き窯。一度に4個まで焼けますが2〜3個ずつ釉薬の溶け具合を観察しながら丁寧に焼きます。赤楽は800度から900度、黒楽は1000度位、5〜10分で焼きあがります。

焼き上がり

今日の出来映えはどうかな?

焼き上がり

中々、満足な作品は出来ませんが、来月も挑戦です。

 通常の陶器の本焼きに比べ、楽焼きは歩留まりが悪く技術を要します。短時間に目の前で焼きあがるので、その日の調子を見ながら慎重に焼きます。抹茶茶碗や茶道具以外焼きませんが、一度試すとその楽しさがわかるでしょう。

powered by Quick Homepage Maker 3.39
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional